ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
「天使」「ボカノウスキー短編集」セット
「天使」「ボカノウスキー短編集」セット

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
チェルフィッチュ「地面と床」


紹介動画

チェルフィッチュ「地面と床」

  imageF twitter  
3,000円(税抜)/獲得ポイント:90ポイント/発送日数:2日以内/商品番号:1637  ライブラリ商品上記の価格で学校・図書館など教育機関、公的機関内で閲覧、授業などでの利用はできますが、貸出はできません。
ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら

全世界10カ国で上演された、チェルフィッチュ×サンガツの"音楽劇”DVD化!

2012年に発表した『現在地』から続く岡田利規のフィクションへの探求心が描くのは、"そう遠くない日本の未来"。
音楽バンド サンガツとともに音楽とパフォーマンスの新しい関係を模索し"音楽劇"として生み出され、岡田利規とチェルフィッチュの新機軸となった『地面と床』がいよいよDVD化!
5月の初演から9月の京都での日本初演、ヨーロッパ7都市ツアーを経て、待望の凱旋公演となったKAAT神奈川芸術劇場での公演を収録。
特典映像として、ツアードキュメントもお楽しみいただける充実の内容です。

作・演出:岡田利規/音楽:サンガツ/出演:山縣太一、矢沢誠、佐々木幸子、安藤真理、青柳いづみ/DVD製作/監督・編集:須藤崇規/デザイン:小林剛/ドキュメント製作

カラー/日本語/英語・中国語字幕/日本/本編95分+特典映像65分/収録:2013年12月17日、KAAT 神奈川芸術劇場公演を収録/特典映像:『地面と床』ドキュメント(日本編/ブリュッセル編/インタビュー編)

DVDの内容紹介

作品によせて
二〇一三年、もう二年前になりますね、あからさまな対立を無性に描きたかったのでした。能という古典的な演劇 形式を参考にした音楽劇のスタイルでそれをおこなうということも、はじめから構想のなかにありました。そして この『地面と床』をつくったのです。 この芝居では、死者と生者とが対立します。この国の未来に希望を持つものとそうでない者とが対立します。その ような対立の存在する社会に生きていることを、わたし自身がひしひしと感じていて、またそのことに困惑してい ます。だからそうしたことを描きたかったのです。 音楽劇として構想されている『地面と床』の上演は、演技と音楽のぶつかりあいです。俳優たちのパフォーマンス と、サンガツによるオリジナル音楽とが、全編にわたってせめぎあいます。 演技と音楽のこのせめぎあいは、両者は時間や場をつくりだすための、生産的なせめぎあいです。ですからこれは、 対立と似たものかもしれませんが、それとは非なるものです。 だからどうしたというのか? それがなんだというのか? 僕はそれを鮮やかに分析的にいうことはできません。ただ、それがなにか重要な、意義をもつことだとはおもうの です。──岡田利規

あらすじ
舞台は、そう遠くない未来の日本。その国は衰退に向かっている。戦争が始まる気配につつまれている。女の幽霊 が舞台上に現れる。生前二人の息子の母親であった彼女は、自分の墓を足繁く訪れる次男をいとおしく思う一方、 彼女を意に介さない長男とその嫁のことが恨めしい。胎内に新しい生命を宿す長男の妻・遥は、子どもの未来のた め日本に見切りをつけ、この国を出ようと画策している。そして、自らを社会から切り離し内的亡命者のようにな った女が現れ、もはや誰にも伝わらない言葉となってしまっている日本語を、舞台上であてどなくまくしたてる。 この地面の下で安らかに眠っていたいというなけなしの望みを抱く死者と、生まれいづる者の命を守ろうとする生 者との利害が、近未来の不穏な日本を背景に、対立する。

チェルフィッチュ
岡田利規が全作品の脚本と演出を務める演劇カンパニーとして 1997 年に設立。 チェルフィッチュ(chelfitsch)とは、自分本位という意 味の英単語セルフィッシュ(selfish)が、明晰に発語されぬまま幼児語化した造語。
『三月の5日間』(第49回岸田國士戯曲賞受賞作品)などを経て、日常的所作を誇張しているような/していないようなだらだらとしてノ イジーな 身体性を持つようになる。その後も言葉と身体の関係性を軸に方法論を更新し続け現在に至る。

この商品に関連するキーワード
演劇 小劇場 身体
関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2021 image F Ltd. All Rights Reserved.