ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
「天使」「ボカノウスキー短編集」セット
「天使」「ボカノウスキー短編集」セット

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
外国人収容所の闇─クルドの人々は今

外国人収容所の闇
(A)

外国人収容所の闇
(B)

外国人収容所の闇
(C)

外国人収容所の闇
(D)

外国人収容所の闇
(E)

外国人収容所の闇
(F)

紹介動画

外国人収容所の闇

クルドの人々は今
imageF twitter  
NEW 発売中! 2,000円(税抜)/獲得ポイント:60/発送日数:営業日4日以内/商品番号:1755ライブラリ商品学校・図書館などでご利用いただける商品はメールでお問い合わせください。
ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら
外国人労働力の受入れ拡大へと進む日本。
しかし、日本社会は、彼/彼女たちを、ともに暮らす社会の一員として快く迎え入れているでしょうか?

制作・撮影・編集:山村淳平/ナレータ: 石野ゆうこ/English Narrator:rother Thomas/協力団体:クルドを知る会、外国人収容所を改善する会/発売:特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)

2020年/カラー/本編39分+特典映像「ダフの演奏」3分/日本語、英語/日本語版、英語版収録/解説資料付/リージョンALL

DVDの内容紹介

安全な場所はないのですか?
トルコでの迫害を逃れて、日本にやってきた少数民族クルドの人々。彼らは難民として認められることを日本政府に求めている。ところが、彼らを待ち受けていたのは、出入国在留管理庁(入管庁)の管理する収容施設への収容だった。
全国の外国人収容所には、現在も1000 人を超える外国人が、オーバーステイや難民不認定を理由に収容されている。刑期がある刑務所と異なり、収容者は、いつ出られるのか、いつ強制送還されるのかも分からない、不安な日々を送る。
自由とプライバシーを奪われ、十分な医療も受けられない。長期収容が常態化するなか、収容中の自殺・自殺未遂や死亡事故も相次いでいる。
クルドの人々の証言から、外国人労働力受け入れ拡大の裏で繰り広げられている、外国人収容所での人権侵害の実態をあらわにし、日本の移民・難民政策のあり方を問う。

(A)12 歳のときに家族とともに日本にやってきたベレットさん。21 歳の時、突然収容される。収容所で過ごした2年3カ月を振り返りながら、「何のために自分の人生の 2 年間が奪われたのか?」と問う。

(B)入管職員による収容者への暴力も頻発している。マモさんは、複数の職員によって呼吸ができなくなるまで制圧を受けた。その後、保護室にいれられ、不安を感じ、自殺も考えたという。

(C)「うまれかわれるものならとりになりたい」 仮放免の許可を得られなかったインド人収容者のクマールさんは、手帳に絵と言葉を残して、シャワー室で首つり自殺をした。

(D)新年の祝い「ネブロス祭り」に集うクルド人。そのほとんどが難民不認定とされた
人たちで、日本での滞在資格はない。一方で、日本で生まれ育った子どもも増えている。

(E)トルコ、イラン、イラク、シリアにまたがって暮らす少数民族クルド人。それぞれの地域で迫害を受けている。とりわけトルコでは、分離独立運動に対する激しい弾
圧が続けられ、多くの命が奪われている。──撮影:レフィック・テキン(クルド人ジャーナリスト)

(F)迫害と虐殺から身を守るため、クルド人の一部は先進国に難民として逃れている。その向かう先のひとつが日本である。しかし、日本政府はクルド人を難民として認めず、収容している。──撮影:レフィック・テキン(クルド人ジャーナリスト)

この商品に関連するキーワード
移民 共生 グローバリズム 少数民族 生と死 中東 ドキュメンタリー 文化摩擦 平和・戦争 暴力
関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2021 image F Ltd. All Rights Reserved.