ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
お問い合わせ
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
INTERVIEW
宗田和弘
2009.4.18 UP

2007年、ドキュメンタリー映画『選挙』で話題を呼んだ想田和弘監督。その彼の「観察映画」の新作『精神』がこの6月に公開される。
岡山市にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」。1997年に山本昌知医師を中心に設立され、従来の閉鎖病棟のイメージとは違って、患者本位の医療という理念の下、患者が地域社会で暮らしていくための治療活動をおこなっている。その「こらーる岡山」を舞台にした『精神』は、患者や先生をはじめ診療所のスタッフにカメラを向けて、今なお偏見が著しい心の病をテーマに、「正気」と「狂気」の境界を改めて問いかけるドキュメンタリー映画である。 (聞き手:村山匡一郎)

燃え尽きて精神科に駆け込む

想田和弘20歳頃の学生時代に東大新聞の編集長をやっていましたが、モーレツ社員のようにガムシャラに働いて「燃え尽き症候群」にかかりました。
その時、いわゆる「精神病」やその患者さんに対するイメージが変わりました。それまで「精神病」にまったくかかわりがなく、むしろ精神的には強靭な方だと思っていた。でも、「精神病」は誰にでも起こりうる病気ではないかと思えるようになりました。 
僕は自分から精神科に駆け込んだわけですが、それを言うとよく笑われました。普通は他人によって精神科に連れて行かれるわけです。でも、内科や皮膚科に行くように、どうして自分で精神科に行ってはいけないのかなと思い、その違和感はずっとありました。
10数年後、NHKテレビ用のドキュメンタリー番組を作っていた時、精神的に追い詰められてしまい、大学時代のことを思い出しました。映画『精神』
その時、周囲に危機的状況にある人たちが多いのに気づきました。実際、精神科に通っている人もいましたし、自殺した人もいました。
この現象は、この職場だけでなく、日本株式会社全体にいえるのではないかと思いました。それは直感でしたが、このテーマで映画が撮れるのではないかと考えました。

一人ひとり許可をもらうと同時に撮影

お義母さん(監督の妻の母親)が精神科の医者と一緒に仕事をしていることを思い出し、その診療所に連絡を取ったら「どうぞ撮って下さい」といわれました。ただ映画に出たくない人もいるので、一人ひとり許可をもらって下さいという条件でした。
僕と妻がカメラを持って「こらーる岡山」の待合室に毎日行って、一人ひとりから許可をもらう作業から始めました。 映画『精神』
職場や友人、なかには家族にも病気のことを隠している人もいました。朝、会社に行くといって家を出て診療所に通っている人もいます。映画に出ることは問題外なわけです。でも、10人中、8人か9人がノーというなか、1人か2人がイエスといってくれました。
僕のやり方は許可を得たらすぐに撮影します。リサーチもせず、準備期間もありません。患者さんから許可をもらうと同時にカメラを向けていくやり方で撮影しています。ただ背景に許可をもらっていない人たちが映らないようには配慮しました。
撮影は2005年と2007年の2回に分けておこないましたが、全体で30日間ぐらいの撮影になります。

空間を再構築して見えてくるもの

映画『精神』練『精神』は時間軸ではなく空間軸の映画だと思っています。一つひとつの空間を見つめていくことで映画全体の空間を構成していくタイプです。そのため、どういう空間をどういう順番でみせていくのかが重要になるので、編集には10カ月ほどかけました。
例えば患者の菅野さんが「カット! カット!」といったり詩を朗読したりするシーンが後半に出てきますが、彼の撮影はかなり早い時期におこなっています。でも、もしこのシーンが映画の最初の方で出てきたとしても、おそらくこのシーンの味わいは観客には感じられないでしょう。僕自身もこのシーンを咀嚼できるようになったのは撮影が終りの方になってからでした。 想田和弘
普段の生活でも出来事を起こった時間順というより組み替えて覚えていることが多いですよね。また、それを人に語る時も整理しながら語っているわけです。まさにそういう作業を編集でおこなうわけですが、僕の体験を映画的リアリティーとして再構築して、観客が追体験できるようにしていきます。
編集のプロセスは発見の過程です。最初はシーンを並べていくだけですが、やがてパズルのようになります。このシーンとこのシーンは関係があるとか、これとこれは順番を入れ替えた方がいいとか、いろんなことがわかってきます。それを何ヶ月もやっていると、何かが見えてきます。それが見えた時、これで映画ができるという確信に至ります。


(2009年4月 東京にて 
TEXT:村山匡一郎/映画評論  PHOTO:丸山光太)
INTERVIEW:想田和弘 Part 1 / Part 2
Profile:想田和弘
そうだかずひろ 映画監督

1970年、栃木県に生まれる。1993年からニューヨーク在住、劇映画やドキュメンタリーを制作し現在に至る。97年、学生時代に監督した短編映画『ザ・フリッカー』がヴェネチア国際映画祭銀獅子賞にノミネートされる。96年には長編『フリージング・サンライト』がサン・パウロ国際映画祭・新進映画作家賞にノミネート。95年の短編『花と女』がカナダ国際映画祭で特別賞を受賞した。これまでにNHKのドキュメンタリー番組を合計40本以上演出、中でも養子縁組み問題を扱った「母のいない風景」は01年、テリー賞を受賞した。
観察映画第1弾のドキュメンタリー『選挙』(07年)は、世界中の映画祭の招待され、英BBC、米PBS、NHKなど」約200ヵ国でテレビ放送された。また、アメリカの放送界でも最も権威ある「ピーボディ賞」を受賞した。日本では、参議院選挙直前に全国劇場公開され、話題を呼んだ。
観察映画第2弾の『精神』(08年)を完成。現在、劇作家の平田オリザ氏とその劇団についての観察映画第3弾の『演劇(仮題)』を制作中。 (2009.4.18)

 

『精神』
監督・撮影・録音・編集・製作:想田和弘/製作補佐:柏木規与子/出演:こらーる岡山、パステル、ミニコラ、喫茶去のみなさん/製作:ラボラトリーX
2008年/135分/カラー/アメリカ、日本/配給:アステア
釜山国際映画祭・最優秀ドキュメンタリー賞、ドバイ国際映画祭・最優秀ドキュメンタリー賞、マイアミ国際映画祭・審査員特別賞、香港国際映画祭・優秀ドキュメンタリー賞を受賞
劇場公開:6月中旬より東京・シアター・イメージフォーラム、他にて全国順次公開

『選挙』
監督・撮影・編集・製作:想田和弘/製作補佐:柏木規与子/出演:山内和彦、山内さゆり、石田康博、石原伸晃、荻原健司、川口順子、小泉純一郎/製作:ラボラトリーX
2007年/120分/カラー/日本/配給:アステア
09年ピーボディ賞を受賞、ベルリン国際映画祭、シネマ・ドゥ・レエル、香港国際映画祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭などに招待
劇場公開:7月より東京・ライズXほか、順次再上映決定

映画『精神』公式サイト
http://www.laboratoryx.us/mentaljp/

映画『選挙』公式サイト
http://www.laboratoryx.us/campaignjp/

Laboratory X(想田和弘+柏木規与子)公式サイト
http://www.laboratoryx.us


● 関連商品

バウンド&アブソリュート・ゼロ 勅使河原三郎の舞踏世界
選挙
このページのトップへ
過去のINTERVIEW一覧はこちら
バックナンバー
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2016 image F Ltd. All Rights Reserved.